「デザインや素材について」 一覧

日本では、結婚指輪の素材(マテリアル)としてはプラチナが一番人気です。他には、イエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールドなどがブライダルリング専門店で扱いのある素材としては一般的です。

マリッジリングで使われる0.2カラット以下のダイヤは、メレダイヤモンドといいます。
メレダイヤモンドをまったく使わないプレーンなものから、1つ入ったものや、3つ~5つ並べたものなどさまざま。エタニティリングやハーフエタニティなどダイヤをふんだんに使った派手なデザインまでいろいろです。

形としては、ストレートライン、S字ライン、V字ラインの大きく3種類に分けられます。
それにつや消しや模様などの表面加工が加わります。

同じデザインでも、素材(マテリアル)が違えばかなり雰囲気が違いますし、幅が1ミリ増減するだけでもかなり印象が変わってきます。
さらに、自分の手の色や形によっても、似合う指輪が決まってくるのが難しいところです。

カテゴリ一覧

双子のダイヤモンド

1つの原石から削る「双子のダイヤモンド」を扱うブランド

1つのダイヤモンド原石を2つにカットして、それぞれの結婚指輪に入れる。 永遠の幸せをシェアするようでロマンチックですよね。 「双子ダイヤモン ...

甲丸リングと平打ちリング

指輪の形「甲丸リング」と「平打ちリング」の違い

指輪の形を大きく2種類に分類すると、「甲丸リング」と「平打ちリング」に分けられます。 丸みを帯びた甲丸は昔ながらの結婚指輪のイメージ、角のあ ...

内甲丸

つけ心地の良い「内甲丸仕上げ」の結婚指輪ブランドまとめ

内甲丸(うちこうまる)仕上げの結婚指輪は、付け心地の良さが人気です。 ラウンド状に丸みを帯びたリングの内側が、なめらかな装着感を作り出します ...

ブラックリング

黒い結婚指輪!けっこうあるブラックリングを扱うブランド

ブライダルリングと言えば銀色に輝く指輪が一般的です。 黒色のブラックリングを結婚指輪に選ぶ人は少ないので、大手のブランドではまず扱っていませ ...

チタンガスバーナー

純チタン製の結婚指輪の特徴「メリットとデメリット」

チタンという響きにかっこいいイメージを感じる人も多いでしょう。 軽くて丈夫なのでゴルフクラブ、メガネのフレーム、時計などに使われている素材で ...

どっちが高い?

プラチナの指輪の方がゴールドよりも値段が高い理由

同じブランドで、プラチナのマリッジリングの値段が10万円だとしたら、ゴールドのリングは7万円程度で売られています。 結婚指輪としてはプラチナ ...

メレダイヤの定義は?メレの品質にこだわったブランドを紹介

メレダイヤとは、要するに小さなサイズのダイヤモンドのことです。 結婚指輪に埋め込まれる小粒ダイヤや、婚約指輪で主役のダイヤに輝きを添える脇石 ...

めっきの剥がれてきた指輪

ホワイトゴールドの「ロジウムコーティング」とは?

シルバーアクセサリーやホワイトゴールドのジュエリーの説明で、「ロジウムコーティング」という言葉を見聞きしたことがあると思います。 「ロジウム ...

パラジウム

軽い素材!パラジウムを結婚指輪にするメリットとデメリット

結婚指輪の素材と言えば、プラチナとゴールドがほとんど。 パラジウムのブライダルリングを扱うブランドはごく少数に限られます。 その特徴やメリッ ...

紛争ダイヤモンド

紛争ダイヤモンドを避け「コンフリクトフリー」の指輪を買う

紛争ダイヤモンドとは、内戦が行われている国から産出されるダイヤモンドのこと。 「コンフリクト・ダイヤモンド」や「ブラッド・ダイヤモンド」とも ...

Copyright© 結婚指輪の選び方ラボ , 2018 All Rights Reserved.