手作りしたい人はこちら

【体験レビュー】鍛造製法で槌目模様の指輪を作ってみた(作業工程)

投稿日:

槌目リング作ってみた

彫金教室の体験レッスンで、槌目(つちめ)模様の指輪を「鍛造製法」で作ったのでレポートします。

今回はシルバーのペアリングでしたが、プラチナやゴールドの結婚指輪の場合も、鍛造での作り方は同じです。

工房によって作業工程は微妙に違いますが、だいたいこんな感じです!

体験レッスンのフォトレポート

持ち物はエプロンのみ

自前のエプロンを装着します。その他、特に必要な持ち物はありません。

工房によっては、エプロンも用意してくれているところもあります。

彫金机

作業する彫金机には、板が設置されています

ほとんどの工房で、写真のように作業机に細い板がにょーんと設置されています。

この板の先端部分で作業します。削ってしまっても構わない板ですね。

リングゲージ

指のサイズを測るリングゲージ

まずは自分の指のサイズを、リングゲージを使って測ります。

きつめが良いのか、ゆるい方が良いのか考えて、サイズを決定します。

ぴったりのジャストサイズが基本ですが、むくみやすさや指の形によっておすすめが違います。

ゆるめ?きつめ?
【サイズの選び方】結婚指輪のフィット感はゆるめ?きつめ?

「幸せ太りするから少しゆるめが良い」 「指輪が抜けないように少しきつめが良い」 どちらも聞いたことがあるでしょう。 結婚指輪のサイズの選び方 ...

続きを見る

地金の素材を切って曲げる

糸鋸

素材の金属を糸鋸で切断

指輪のサイズに合わせ、金属の素材「角棒」を少しずつゴリゴリと切断します。

切断された金属素材(シルバー)

切れました

工房によっては、角棒を叩いて伸ばす作業があります。

そのときに、焼き鈍し(やきなまし)といって、一度金属を加熱して柔らかくします。

ケイウノでは「圧延ローラー」という機械に何度か通して平らにのばします。

SORAでは、金属を溶かして地金をつくるところから体験できますが、ほとんどの工房では角棒からのスタートです。

金属棒を丸くする

ペンチで少しずつ丸めてリング状にします

丸くするのが意外と難しかったです。鉄芯棒と木槌を使って丸くする工房もあります。

簡単に曲げられる専用の機械が用意されていることも。

リング状になってきた金属棒

指輪らしくなってきました

丸めた金属のつなぎ目の部分に、もう一度糸鋸を入れてからまた丸めると、接触部分がぴったりとくっつきます。

糸鋸を入れなくても接合面に隙間が少なければ良いので、わざと楕円形にしてくっつける工房もあります。

ロウ付けする箇所

隙間なくくっつけるのが大切

プラチナなど高価な素材のときは、少しも無駄にしないように削らないで作るのかもしれませんね。

バーナーでロウ付け(溶接)

ピンセットに指輪を固定

ピンセットに固定

つなぎ目の隙間がほとんど無いのがわかりますね。
ピンセットに固定して、クライマックスとも言える「ロウ付け」という溶接の工程に入ります。

ガスバーナーで加熱

ガスバーナーは職人さんにサポートしてもらえます

つなぎ目に、どろっとしたペースト状のフラックスというものを塗ります。
ロウが流れやすくなるとのこと。

その上に小さくカットした銀ロウを置き、ガスバーナーで加熱します。

つなぎ目から遠い部分から加熱していくと、熱が伝わりフラックスがぶくぶくと泡立ちました。

ロウ付け作業

ロウが溶けると隙間に流れ込みます

指輪全体を加熱していくと、銀ロウが溶け出します。

元の素材とそっくりだけれど、ほんの少しだけ溶け出す温度が低い金属を使うんですね。
溶けた金属は、毛細管現象で狭いところに流れ込みます。

毛細管現象によりロウが流れ込んだ

ロウが流れ込んでいるのが分かります

ロウが溶けたらすぐに指輪から火を離します。

加熱しすぎると、指輪自体が溶けてしまうからです。

やすりで削る

やすりでロウ付けした部分を平らにします

溶接した部分を、やすりでゴリゴリと削って滑らかにします。

いったん磨きます

リューターで磨く

リューターでさらに磨きます

モーターで高速回転する「リューター」という道具(研磨機)でさらに磨いていきます。

さらに磨く

先端を交換してさらに磨きます

スポンジ状の先端を、より目の細かい先端に変えてさらに磨いていきます。

ツヤツヤ

ツヤツヤに光ってきました

今回は槌目模様を付けるので、ここから通常の平打ちリングとは違う工程に入ります。

槌目の模様を打ち込む

金槌で叩く

丸みを帯びた金槌で模様をつけていきます

鉄芯棒に指輪を通し、先端の丸まった金槌で叩いていきます。

槌目模様が付くのと同時に、指輪のサイズが広がっていきます。
目指すサイズに広がるまでに、全体に槌目模様が入るように。

槌目模様

良い感じに槌目模様になりました

けっこう強めに打たないと、模様が浅くなってしまいます。

通常の平打ちリングの場合は、木槌などでサイズ調整します。

ピカピカに仕上げる

最終磨き

仕上げの磨きです

またリューターで優しく磨きます。
槌目模様を削ってしまわないように。外側だけで無く内側も磨きます。

超音波洗浄機

超音波洗浄機で汚れを落とします

汚れや研磨剤を超音波洗浄機で綺麗に洗い落とします。

槌目模様のペアリング

最後に内側の刻印を職人さんに彫ってもらって完成!

洗浄器から出てくると輝きが違います。
写真では分かりにくいかもしれませんが、ハッキリと槌目模様が入っています。

管理人
結婚指輪やペアリングをカップルで作る場合、お互いの指輪をつくることが多いです。
私たちの場合は、槌目模様を入れるところは自分たちでやりました。

様々な追加オプション

自分で刻印を入れる工房も多いです

お世話になった彫金教室では、最後に内側の刻印を職人さんに彫ってもらうシステムでした。

時間に余裕のある結婚指輪のDIYの場合は、自分たちで刻印を入れられることが多いです。

タガネという道具を金槌で叩いて文字を打ち込みます。
アルファベット、数字、&、toなどの記号が選べることが多いです。

あまりたくさんの文字は打ち込めません。

刻印を入れるタイミングも様々です。

角棒の状態のときに打ち込むところもあれば、指輪ができあがって最後に打ち込むところもあります。

直筆の手書き文字をレーザー刻印してくれるところも。

結婚指輪の内側の刻印
結婚指輪の刻印は?日付やイニシャルをどうしたか100人に聞いた

ほとんどのブライダルリングブランドでは、指輪の内側に刻印を入れることができます。 イニシャルと日付(西暦と年月日)が一般的です。無料サービス ...

続きを見る

石留め・彫り加工など

結婚指輪の場合は多くの工房で、裏石(シークレットストーン)としてダイヤや誕生石を入れられます。

表面にタガネ彫りで模様を入れてもらえるところも。

他にも、ケイウノではミル打ちも可能です。

いずれも有料のことが多く、職人さんに作業をお願いして後日の受け取りとなります。

今回お世話になった工房

森の彫金教室 goutte dor

「森の彫金教室 goutte dor(グートドール)」

お世話になったのは、東京都西東京市ひばりが丘にある「森の彫金教室 goutte dor」です。

アトリエにはショールーム&ショップ(要予約)が併設されていて、ジュエリーの展示販売も行っています。
お洒落な木製のショーケースも、手作りだそうです。

今回はカップルで作るシルバーリングのコースで、オプションで槌目模様のリングにしました。

体験レッスンの内容は、2018年時点のものです。

その他の指輪の製造方法

グートドールでは結婚指輪も作ることができますが、その場合は「鍛造」ではなくワックスを削って作る「鋳造」になります。

その他の結婚指輪を自分たちでつくれる工房でも、「鍛造」か「鋳造」のどちらかを選ぶことになるでしょう。

それぞれの違いについてはこちらをご覧ください。

手作りの指輪
ハンドメイド!結婚指輪を自分で手作りする3つの方法

結婚指輪を手作りする方法は、主に3つあります。 自宅で簡単にハンドメイドできる「銀粘土」と、工房で職人にサポートしてもらいながら作る「鍛造」 ...

続きを見る

人気の記事

来店予約で特典をもらう方法 1

いきなりお店へ行くのはちょっと待ってください。公式サイトでお店を予約するよりも、お得に商品券やギフトカードがもらえる方法を解説します。

2

できるだけ低価格で買いたい方向けに結婚指輪を5万円以下で買う方法を紹介します。ペアで5万円、ひとつ5万円など予算別に解説。

ギフトバック 3

注文した当日に結婚指輪を持って帰りたいこともあるでしょう。 オーダーメイドでは無理ですが、既製品を扱うブランドならその日のうちに持ち帰れるこ ...

-手作りしたい人はこちら

Copyright© 結婚指輪の選び方ラボ , 2019 All Rights Reserved.