結婚指輪の基礎知識

ひとつだけ購入する?彼が結婚指輪をいらない場合

投稿日:

ひとつだけ購入できる?

エンゲージリングは女性だけですが、マリッジリングはペアで購入するのが普通です。
ですが様々な理由で彼がいらないというケースもあるでしょう。

普段からまったくアクセサリーをつけない男性はたくさんいます。
そういった人は結婚指輪も重要視していないことが多いです。

片方だけ買う場合の疑問点などを見てみましょう。

女性用、男性用どちらか片方でも買えます

OK

ペアじゃなくても売ってもらえます

ブライダルリング専門店でマリッジリングとして売られている指輪でも、男女どちらか片方のモデルだけ購入することは可能です。
「ペアリングとしての購入以外はお断り!」なんてことをするメリットはお店にありません。

お店のサイトの良くある質問などを見てもわざわざ書いてあるところは少ないですが、それほど珍しいことではありません。

ただ、絶対にどこのお店でも単品購入できるとは限りません。
職人がひとりでやっているような工房では、ペアリングにこだわった職人がいるかもしれません。
心配なら念のために購入前に電話などで確認してみましょう。

例えば、杢目金屋の「つながるカタチ」という指輪は、木目模様のひとつのリングをちぎって2つにして作ります。
そういったペアリングに特化した特殊な製法の指輪はひとつだけで注文するのは難しいでしょう。

花嫁だけでも指輪交換のセレモニーはできます

指輪交換

新郎から新婦へのみの場合は、指輪の贈呈といいます

結婚式を挙げる場合は、指輪交換の儀式をやりたいというカップルも多いでしょう。
片方しか買わない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

指輪を借りる

購入した側は自分の指輪を使うとして、購入しなかった側は代用品を使うという方法があります。
数千円程度のシルバーリングなどを買ってもいいですし、ご両親に借りるというのも素敵ですよね。
式場によっては、セレモニー用に指輪をレンタルしてくれることもあります。

指輪をはめてもらうだけ

厳密に言えば、指輪の交換ではなく贈呈となりますが、夫から妻への場合は一方通行でも不自然ではありません。
妻からは時計など他の記念品を渡すのも素敵ですよね。
式場ではよくあることです。プランナーさんに相談してみてください。

本当はペアで買いたいと思っているなら

お互いが納得していれば、ひとつだけマリッジリングを購入することに何の問題もありません。
それでもやはりペアでの購入をおすすめします。

ペアで結婚指輪を買わない理由には、いくつかのパターンがあります。
その理由を解決するための提案をさせてください。

片方だけしか買わない理由

そもそも男性側が指輪に興味が無いなどの前提条件があります。
その前提の上にもうひとつ理由が重なって、「買わなくていいよね」となっていると思います。

予算の節約

挙式をはじめ、新生活にはお金がかかります。
指輪をひとつに絞ることで、妻の指輪をグレードアップすることもできます。

金属アレルギー

そもそも金属アレルギーのためにアクセサリーを付けないという人もいますよね。

仕事で付けられない

職業によっては仕事中は指輪をつけられないことも。
だったらわざわざ高い指輪はいらないと考えるのもわかります。

デザインが嫌

結婚指輪は女性の希望を優先することもありますよね。
そうでなくとも一方のこだわりでブランドを選ぶと、もう一方のデザインが好みではない場合もあるでしょう。

上記の理由をまるっと解決する方法があります

「買わない理由」が解決できれば、本当はペアで指輪が欲しいと思っていませんか?
もしも普段指輪をしないとしても、大切な思い出の品となります。
片方だけでは寂しいです。

我慢して買わないくらいなら、セレクトショップを利用してみてください。

セレクトショップなら問題を解決できます

様々なブランドの指輪をたくさん扱っているのがセレクトショップです。
ブライダルリング専門のセレクトショップなら、ほとんどの問題が解決できます。

なぜなら、様々な価格、素材、デザインの指輪が買えるからです。

妻の指輪に予算を使い、夫の指輪はリーズナブルなものを選ぶ。
妻の指輪はプラチナ素材、夫の指輪はアレルギーの心配が無いチタン素材にする。

といったように、妻と夫のブランドを別々にしても同じお店で購入できるんです。
それぞれが好みのデザインを選べるのは大きなメリットですよね。

ペア感がないのが嫌なら、内側に入れる刻印やシークレットストーンをお揃いにしましょう。

別々のお店へ行ってそれぞれ注文してもいいのかもしれませんが、何よりも同じ店で購入したという思い出が結婚指輪の価値をいっそう高めてくれます。

本当はペアで結婚指輪が欲しいなら「普段付けなくてもいいから記念に一緒に買おう」とちゃんと言いましょう。
冠婚葬祭のときだけでも付けておけば、妙な親戚に突っかかられることもありません。

リーズナブルなものでもいいから購入しておくことをおすすめします。
結婚指輪は一生の思い出の品です。
10年、20年経ったときに、結婚当時を思い出さしてくれる指輪の本当の価値が分かるでしょう。

ブライダルリングで国内最大級のセレクトショップはBIJOUPIKO(ビジュピコ)です。

BIJOUPIKO プレシャス
BIJOUPIKO(ビジュピコ)の特徴と評判・口コミ

BIJOUPIKO(ビジュピコ)は、国内最大級のブライダルリング専門のセレクトショップでです。全国に35店舗以上も展開しています。 セレクト ...

続きを見る

何よりも気持ちが大切です

管理人
「付けないものを買うのは無駄だ」と思っている男性の方へ。
奥さんが一緒に買いたがっているなら、どんなに安い指輪でもいいので自分の分も買いませんか?

あなたの奥さんが喜んでくれるなら、それだけで安い買い物ですよ!

人気の記事

来店予約で特典をもらう方法 1

結婚して新しい生活をはじめるには、数百万円単位でお金がかかります。 入籍のみで、挙式や新婚旅行をしないとしても、引っ越す場合は新居の費用がか ...

セレクトショップ 2

マリッジリングやエンゲージリングを扱うジュエリーショップは、大きく2種類に分けることが出来ます。 それが、「セレクトショップ」と「ブランドシ ...

3

お金が無くても、「買えない」と言えないのがマリッジリング。 できるだけ低価格で買いたい方向けに結婚指輪を5万円以下で買う方法を紹介します。 ...

-結婚指輪の基礎知識

Copyright© 結婚指輪の選び方ラボ , 2018 All Rights Reserved.