人気のブランド紹介

天然ピンクダイヤモンドを扱うブライダルリングのブランドまとめ

投稿日:

ピンクダイヤモンドルース

女性らしい桜色のピンクダイヤモンドは花嫁にもぴったりです。
婚約指輪のサイドストーンや、結婚指輪のシークレットストーンとしても人気があります。

希少価値の高い「天然のピンクダイヤ」

天然のピンクダイヤがみつかるのは、ホワイトダイヤモンドの100万粒に対してたったの1粒。
普通ダイヤモンドは無色透明なほど高値が付けられますが、カラーダイヤモンドの場合は別。
色が鮮やかで濃いほど貴重な宝石となります。

ほとんどがアーガイル鉱山から産出されます

色の濃いカラーダイヤがまとまって産出されているのが、オーストラリアのアーガイル鉱山です。
世界のピンクダイヤモンドの90%以上を産出しています。

それでもアーガイル鉱山で採掘されるダイヤの中の0.1%にすぎません。
しかも、このままの予定だと2020年に閉山されることになっているのです。
より価格が高騰していくのは間違いないでしょう。

結晶構造のゆがみでピンク色に見える

実は、なぜピンク色になるのかは完全には分かっていません。
アーガイル鉱山ではブラウンダイヤモンドが多く採れるのですが、熱や圧力によってダイヤの結晶構造が歪むことがブラウンやオレンジやピンクに見える理由です。

人工処理のカラーダイヤに注意

「天然」は貴重と言うのは、「人工」で色を付けているものもあるからです。
普通のダイヤとさほど変わらない値段のものは、人工処理されたものの可能性があります。

着色方法としては、表面に色を付ける「コーティング」と、放射線や熱で処理する「トリートメント」とがあります。
心配な人は、天然かどうか鑑定できるか聞いてみるといいでしょう。

宝石言葉は「永遠の愛」

ダイヤモンドの宝石言葉としては「純潔」や「永遠の絆」といったものがあります。
ピンクダイヤも基本的には同じですが、より「愛情」にまつわる意味を持っています。

「永遠の愛」「完全無欠の愛」といった石言葉で、よりブライダルリングに相応しいと言えるでしょう。

ピンクダイヤを扱うブライダルリングブランド

どのブライダルリングブランドでも扱っているわけではありません。

取り扱いがあっても、基本的には小さなメレダイヤをサイドストーンや裏石に使った指輪になります。

また、中石(センターストーン)に0.1カラットのピンクダイヤを使った婚約指輪を扱うブランドがあるので最後に紹介します。

アーガイル鉱山のセレクトアトリエ(正規販売店)5つ

アーガイル鉱山は、その出荷先を厳しく管理しています。
正規販売店として認められているブランドは世界で35社。
日本では5社のみとなっています。(2018年8月現在)

セレクトアトリエと呼ばれる日本の5社を紹介します。

TRECENTI(トレセンテ)

トレセンテの人気NO.1フローラのセットリング

花をモチーフにした婚約指輪「フローラ」でおなじみのトレセンテ
その可愛らしいデザインに薄桃色がよく似合います。

結婚指輪の一部にもピンクダイヤを使ったモデルがあります。

I-PRIMO(アイプリモ)

サイドストーンにピンクダイヤを使った婚約指輪

2008年に日本で初めてセレクトアトリエに認定されたのがアイプリモです。
少し紫がかった色味で人気の高い「パープリッシュピンク」のメレダイヤを扱っています。

婚約指輪でサイドストーンに採用しているものがいくつかあります。
また、8色のダイヤから選んで指輪の内側に入れられる「プロミスダイヤモンド」でも天然のピンクダイヤモンドを選べます。

俄 NIWAKA(ニワカ)

初桜は桜をイメージして作られたセットリング

ニワカは「初桜」などのデザインでピンクダイヤを入れることができます。
よく見ないと気付かないくらいのほんのりとしたピンクが、本物の桜の花びらのようで気に入ったという人も。

また、「プレシャスストーンアレンジ」といってメレダイヤを入れられるサービスがあり、ピンクダイヤモンドをリングの内側や外側に入れられます。

LUCIE(ルシエ)

Tender & Leafage(テンダー&リファージュ)

ニワカと同じく株式会社俄によるブランドで、オートクチュールをコンセプトとしています。
シャン ドゥ フルール(花々の祭典)というシリーズの婚約指輪でピンクダイヤが使われています。

Gimel(ギメル)

NIKKEI The STYLEさん(@nikkeithestyle)がシェアした投稿 -

ギメルは見ての通り指輪のブランドではありません

ギメルは指輪というより、ブローチなどが人気のブランドです。
デザイナー穐原かおるによる兵庫・芦屋発のジュエリーブランドで、主に百貨店の外商で扱われている知る人ぞ知る上級ブランドです。
安心堂の浜松店、沼津店ではブライダルリングの扱いがあります。

セレクトアトリエ以外のブランド

アーガイル鉱山のセレクトアトリエの他にもピンクダイヤを扱うブランドはあります。
直接仕入れることはできなくても、海外の展示会など独自のルートで買い付けることができるからです。

BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)

ブライダルリングのオーダーメイドブランドです

ブリリアンス+はバリエーションが豊富で、エタニティータイプではピンクのメレダイヤを14個もセッティングしたものもあります。

結婚指輪も特別注文になりますが、既存デザインのメレダイヤをピンクダイヤにカスタマイズ可能です。

リング内側のシークレットストーンにピンクダイヤを選ぶこともできます。(+税込10,000円)

Mariage(マリアージュ)

グラデーションに並べることもできます

多くのセレクトショップで扱われているほか、直営店も首都圏に6店舗あります。
より濃いピンク色の高品質なダイヤは直営店のみで取り扱われています。

婚約指輪のサイドストーンはもちろん、結婚指輪にも入れることができます。
色のトーンを3種類に選別しているため、濃いピンクからホワイトにグラデーションで変化するように並べるアレンジも可能です。
何年か経ってからピンクダイヤを入れるような追加アレンジもできます。

ピンクダイヤ専門のMILK&Strawberry(ミルク&ストロベリー)

ピンクダイヤの入ったマリッジリングも豊富

ピンクダイヤをコンセプトとしたブライダルリング専門ブランド。
このブランドがピンクダイヤを使った結婚指輪の種類が一番多いかもしれません。
ピンクサファイアや普通のダイヤを選ぶこともできます。

全国のセレクトショップで購入できます。

天然ピンクダイヤが中石の婚約指輪を扱うBizoux Bridal

センターにピンクダイヤを使った婚約指輪

ビズーブライダルは、主役のセンターストーンに天然ピンクダイヤをセッティングしている日本唯一のブランドと言っていいでしょう。

カラット数が0.1ctなので、少し小さめに感じるかもしれませんが、ほのかなピンク色には十分な存在感があります。
ちなみに価格は35万円程度と、普通の0.3カラットの指輪並みの値段です。

楽天などネットでジュエリーを販売する会社でしたが、2012年に自由が丘に路面店をオープンしてから、実店舗をいくつもオープンしています。
自由が丘店(本店)、銀座店、新宿店、大阪店、神戸店があります。

管理人
他には、名古屋のI'S STONE(アイズストーン)、栃木のJEWELRY OSCAR(ジュエリーオスカー)、銀座と神戸に店舗がある銀座リムなどがあります。

色の濃さでグレードが変わります

普通のダイヤは無色透明の方が価値が上がりますが、カラーダイヤモンドは逆です。
色が強く出ている方が希少性が高く、評価されるのです。

明度と彩度

ピンクダイヤモンドの等級

ピンクダイヤモンドのカラーチャート

GIA(米国宝石学会)のカラーダイヤモンドグレーディングレポートでは、色の強さを9段階に分類しています。
明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)によって評価されます。

評価の高い順に並べるとおおよそ次のようになります。

  1. Fancy Vivid(ファンシービビッド…上質で鮮やか)
  2. Fancy Intense(ファンシーインテンス…上質で激しい)
  3. Fancy Deep(ファンシーディープ…上質で深い)
  4. Fancy Dark(ファンシーダーク…上質で暗い)
  5. Fancy(ファンシー…上質)
  6. Fancy Light(ファンシーライト…上質で薄い)
  7. Light(ライト…薄い)
  8. Very Light(ベリーライト…非常に薄い)
  9. Faint(フェイント…かすかな、ほのかな)

ファンシー以上がおすすめですが、ファンシーダークとファンシーディープは色が暗いため価値が下がります。
ファンシーインテンスやファンシービビッドになると、小さなメレダイヤでも10万円以上することもあります。

コストパフォーマンスを考えると、ファンシーライトやファンシーくらいがちょうどいいかもしれません。
上で紹介したブランドで扱われている石も、このランクが多いです。

人それぞれの好みによりますが、ブライダルリングでは派手なピンクよりも控えめな淡いピンクの方が合うと感じる人も多いでしょう。
ほのかなピンクは、日本人が大好きな桜の花の色でもあります。

色相

色の違い

ピンク色の種類は4つに分けられます

  1. PINK(ピンク…普通のピンク)
  2. PURPLISH PINK(パープリッシュピンク…紫がかったピンク)
  3. BROWNISH PINK(ブラウニッシュピンク…茶色がかったピンク)
  4. ORANGISH PINK(オレンジッシュピンク…オレンジがかったピンク)

通常の「ピンク」の需要があるのはもちろんですが、紫がかった「パープリッシュピンク」も鮮やかな色合いで人気が高く、ピンクよりも高価なこともあります。
「ブラウニッシュピンク」や「オレンジッシュピンク」は評価が低いです。

自分の目で見て決めよう

グレードで選ぶのもいいですが、それよりも実際に目で見て感じた印象を大切にしましょう。
チャートを見れば分かるとおり、色はグラデーションになっています。
同じランクの石でも、ものによって違いがあります。
実物を見て自分の好みの石を選ぶことをおすすめします。

管理人
鑑定書などには、カラーダイヤの濃さと色味とをあわせて「Fancy Light Pink」や「Fancy Intense Purplish Pink」などと表記されます。

まずはセレクトショップから見に行くのがおすすめ

けっこう数が多かったので、どこから見れば良いのか分からないかもしれませんね。
まずは、多くのブランドを扱うセレクトショップへ行って実物を見てみましょう。

セレクトショップの中でも、BIJOUPIKO(ビジュピコ)JK planet(ジェイケイ プラネット)では、上で紹介したブランドを複数扱っています。
特に、ビジュピコにはピンクダイヤを扱うオリジナルブランド「アトリエクゥードール」もあります。
セレクトショップに行って「ピンクダイヤの指輪を見せて欲しい」と言いましょう。

ブランドにこだわるなら、アーガイル鉱山のセレクトアトリエの中から好みのものを選んでもいいでしょう。

マリッジリングならこのブランド

外側にピンクのメレダイヤが入った結婚指輪が欲しいなら、NIWAKA、BRILLIANCE+、Mariage、MILK&Strawberryあたりをチェックしましょう。

特にMILK&Strawberryはピンクダイヤをコンセプトにしたブランドです。
メレダイヤが入ったマリッジリングはすべてピンクダイヤにすることができます。
その数、実に25種類以上です。

全国のセレクトショップで取り扱いがあります。

セレクトショップ
ブライダルリングのセレクトショップとブランド店の違い

マリッジリングやエンゲージリングを扱うジュエリーショップは、大きく2種類に分けることが出来ます。 それが、「セレクトショップ」と「ブランドシ ...

続きを見る

エンゲージリングならこのブランド

このページで紹介したブランドは、基本的にサイドストーンにピンクダイヤをセッティングした婚約指輪を扱っています。

メインストーンにピンクダイヤを使ったエンゲージリングを探している場合は、Bizoux Bridal(ビズーブライダル)一択になります。

Bizoux Bridal
「ピンクダイヤが中石の婚約指輪」を安く買えるビズーブライダル

Bizoux Bridal(ビズーブライダル)は、天然ピンクダイヤモンドの婚約指輪を扱っています。 ピンクダイヤを中石(センターストーン)に ...

続きを見る

人気の記事

来店予約で特典をもらう方法 1

結婚して新しい生活をはじめるには、数百万円単位でお金がかかります。 入籍のみで、挙式や新婚旅行をしないとしても、引っ越す場合は新居の費用がか ...

セレクトショップ 2

マリッジリングやエンゲージリングを扱うジュエリーショップは、大きく2種類に分けることが出来ます。 それが、「セレクトショップ」と「ブランドシ ...

5万円 3

お金が無くても、「買えない」と言えないのがマリッジリング。 できるだけ低価格で買いたい方向けに結婚指輪を5万円以下で買う方法を紹介します。 ...

-人気のブランド紹介

Copyright© 結婚指輪の選び方ラボ , 2018 All Rights Reserved.