デザインや素材について

イエロー・ピンクだけじゃない!カラーゴールドの色の種類

投稿日:

カラーゴールド

カラーゴールドの色見本イメージ図

結婚指輪に使われるゴールドは、K18(18金)といって、金の純度が75%のものがほとんど。
純金であるK24(24金)は柔らかいため、別の金属をまぜて耐久力のある合金にしているのです。

混ぜる金属のことを「割り金」と言いますが、この金属の種類によって色味が変わり、様々なカラーゴールドとなります。

変色しやすい銀や銅を割り金として含んでいるものは、つけたまま温泉に入らないように気を付けましょう。

たくさんあるカラーゴールドの色の種類を紹介します。

※このページで紹介している色見本画像はイメージです。モニターで見た印象と実際の色とは大きく違う可能性があります。
ブランドによってもカラーゴールドの色は微妙に違うので、肉眼で確認することをおすすめします。

代表的なイエロー・ピンク・ホワイト

イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド

イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド イメージ図

多くのブランドは、この3種類のカラーゴールドをラインナップしています。
ホワイトゴールドは見た目がプラチナとほとんど同じなので、用意されていない場合も。

イエローゴールド

割り金として、銀と銅がほぼ半分ずつ混ぜられています。
いわゆる金色のイメージに近いのはこの色。実際は純金よりも黄色が強くなります。

日に焼けたような小麦色の肌に良く映えます。
ジュエリーには「K18YG」、または「Au750YG」と表記されます。

ピンクゴールド

イエローゴールドよりも銅の比率を増やすことで赤みを増やしています。
白い金属であるパラジウムやプラチナを加えて色味を調節することも。

海外ではローズゴールドとも呼ばれています。銅にアレルギーがある人には向きません。

銅が多いと硬くなり割れやすいため、ブランドによってはサイズ直しができないこともあるので注意です。

日本人の肌に良くなじむ色です。
表記は「K18PG」、「Au750PG」

ホワイトゴールド

割り金はパラジウムなどの白い貴金属。
それだけでは真っ白にならないため、ロジウムという金属でめっき(コーティング)することが多いです。
そのため、いわゆるカラーゴールドとは異なります。

めっきをかけていないやや黄色がかったままのものを「ナチュラルホワイトゴールド」や「シャンパンゴールド」と呼ぶことも。
表記は「K18WG」、「Au750WG」

関連:ホワイトゴールドの「ロジウムコーティング」とは?

取り扱いの少ないグリーン・ブラック

グリーンゴールド、ブラックゴールド

グリーンゴールド、ブラックゴールドイメージ図

ほとんどのブランドで扱われていない、珍しいカラーゴールドを紹介します。

グリーンゴールド

割り金の銀と銅の比率が、7:3より銀が多いものをグリーンゴールドと呼ぶことが多いです。

青金(あおきん)とも呼ばれ、ほんのり緑っぽい感じのする爽やかな色味です。

「ライムゴールド」と呼ぶブランドもあります。使い込むことで表面の風合いの変化を楽しむことができるのも特徴です。
表記は「K18GG」、「Au750GG」

ブラックゴールド

割り金はパラジウム、銀、プラチナ。

K18だと金が75%含まれるため、ほんのり暗い程度です。
ルテニウムでめっきをかけて真っ黒にすることもできます。

表記は「K18BG」、「Au750BG」

関連:黒い結婚指輪!けっこうあるブラックリングを扱うブランド

まずお目にかかれないレッド・パープル

レッドゴールド、パープルゴールド

レッドゴールド、パープルゴールドイメージ図

結婚指輪として入手するのはほぼ不可能なカラーゴールド。
特注すれば作ってくれるところはあるかもしれません。

レッドゴールド

ピンクゴールドより銀を少なく、銅を多くするともっと赤みが強くなります。
銀の代わりにパラジウムを混ぜるとより赤くなります。
サイズ直しの難しいピンクゴールドよりもさらに硬くなるため、指輪には向きません。

パープルゴールド

割り金のほとんどがアルミの合金。
みごとに鮮やかな紫色で、特定の専門店でのみ取り扱われています。
脆く壊れやすいため指輪には不向きで、ペンダントトップや指輪の一部分などに利用されています。

アレルギーになりやすいパラジウムと銅

カラーゴールドの割り金で金属アレルギーを引き起こしやすいのは「パラジウム」、ついで「銅」です。
昔は「ニッケル」も割り金に多く使われていましたが、現在ではまず使っているところはありません。

ブランドによっても使われている割り金は微妙に違います。
金属アレルギーが気になる人は、どんな割り金を使っているのか質問してみましょう。

ただ、ピアスをしている人の中には、金そのものにアレルギーを持っている人も多いです。
心当たりのある人は注意してください。

関連:金属アレルギーに注意しよう!安全な指輪の素材や対策

金属アレルギーの人に優しいブランド

パラジウムにアレルギーを持っているけれどピンクゴールドが良いという人でも、諦める必要はありません。
オーダーメイドブランドの「SORA」が、パラジウムの代わりにプラチナを使ったピンクゴールドを制作しています。

SORAでは割り金からオーダーできるので、アレルギーをもっている人は一度相談してみるといいでしょう。
肌に触れる内側の金属を、アレルギーになりにくい素材にするという方法もあります。

SORAには、カラーゴールドよりももっとカラフルなジルコニウムやチタンの指輪もあります。
しかもチタンやジルコニウムには、そもそも金属アレルギーの心配がありません。

SORA
レアメタル素材の指輪も作れる「SORA」の特徴と評判・口コミ

表参道にあるオーダーメイドのブライダルジュエリーブランド。 金属アレルギーの人でも安心なジルコニウムやチタンなどのレアメタル素材の結婚指輪が ...

続きを見る

人気の記事

来店予約で特典をもらう方法 1

結婚して新しい生活をはじめるには、数百万円単位でお金がかかります。 入籍のみで、挙式や新婚旅行をしないとしても、引っ越す場合は新居の費用がか ...

2

お金が無くても、「買えない」と言えないのがマリッジリング。 できるだけ低価格で買いたい方向けに結婚指輪を5万円以下で買う方法を紹介します。 ...

ギフトバック 3

注文した当日に結婚指輪を持って帰りたいこともあるでしょう。 オーダーメイドでは無理ですが、既製品を扱うブランドならその日のうちに持ち帰れるこ ...

-デザインや素材について

Copyright© 結婚指輪の選び方ラボ , 2019 All Rights Reserved.